November 20, 2018 / 2:00 AM / 20 days ago

原油先物小動き、OPEC減産観測広がる

 11月20日、アジア時間午前の取引で原油先物は小動きとなっている。石油輸出国機構(OPEC)が近く減産で合意するとの観測が広がっている。写真はオクラホマ州クッシングの原油貯蔵タンク群。2016年3月撮影(2018年 ロイター/Nick Oxford)

[シンガポール 20日 ロイター] - アジア時間20日午前の取引で原油先物は小動きとなっている。石油輸出国機構(OPEC)が近く減産で合意するとの観測が広がっている。

0117GMT(日本時間午前10時17分)現在、米WTI原油先物CLc1は前日清算値比0.01ドル高の1バレル=57.21ドル。北海ブレント先物LCOc1は同0.04ドル安の66.75ドル。

OPECは需要の伸び鈍化を踏まえ、供給過剰を防止するため、日量100万─140万バレルの減産を模索しているとされる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below