November 29, 2018 / 8:33 PM / 15 days ago

原油先物は一時3%高、ロシアが減産受け入れへ

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 米国時間の原油先物相場は安値から切り返し一時3%高。業界筋によれば、ロシア政府は石油輸出国機構(OPEC)との減産が必要との考えに傾きつつあるという。[nL4N1Y44WD]

アゲイン・キャピタル(ニューヨーク)幹部は、OPEC加盟国と非加盟産油国によって日量100万バレルの減産が可能になると市場は予想していると述べた。

清算値は米WTI原油先物CLc1が1.16ドル(2.31%)高1バレル=51.45ドル。

北海ブレント先物LCOc1は0.75ドル(1.28%)高の59.51ドル。一時57.50ドルまで売られた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below