December 27, 2018 / 1:39 AM / 20 days ago

原油先物が反落、供給過剰や世界経済巡る懸念が圧迫

 12月17日、原油先物は反落。株高が下支えしたものの、原油の供給過剰や低迷する世界経済を巡る懸念が相場を圧迫した。写真は給油するガソリンスタンドの従業員。昨年11月に上海で撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

[ソウル 27日 ロイター] - 27日の原油先物は反落。株高が下支えしたものの、原油の供給過剰や低迷する世界経済を巡る懸念が相場を圧迫した。

0237GMT(日本時間午前11時37分)までに、北海ブレント先物LCOc1は8セント(0.15%)安の1バレル=54.39ドル。前営業日は8%高の54.47ドル。

米WTI原油先物CLc1は0.19%安の1バレル=46.13ドル。前営業日は8.7%高の46.22ドル。

サムスン証券の商品アナリスト、Shim Hye-jin氏は、原油価格は前営業日に上昇したものの、依然として低水準にあると指摘。一方で、石油輸出国機構(OPEC)が今月合意した減産合意を履行すれば、来年はWTIが50─60ドル、ブレントが58─70ドルまで上昇するとの見通しを示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below