January 10, 2019 / 2:53 AM / 10 days ago

原油先物が1%下落、米国の供給拡大で

 1月10日、原油先物は1%下落。米中貿易摩擦が近く解決するとの期待を背景に世界的に市場心理が改善しているものの、米国の供給が拡大していることを受けた。写真は川崎の石油化学工場。2015年8月撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[シンガポール 10日 ロイター] - 10日の原油先物は1%下落。米中貿易摩擦が近く解決するとの期待を背景に世界的に市場心理が改善しているものの、米国の供給が拡大していることを受けた。

0113GMT(日本時間午前10時13分)時点で、米WTI原油先物CLc1は前営業日清算値比61セント(1.2%)安の1バレル=51.75ドル。

北海ブレント先物LCOc1は63セント(1%)安の1バレル=60.81ドル。

米エネルギー情報局(EIA)は9日、1月4日までの週における原油生産C-OUT-T-EIAが日量1170万バレルとなり過去最高水準を維持したと発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below