February 4, 2019 / 9:23 PM / 13 days ago

原油先物下落、米製造業指標失望誘う 一時2カ月ぶり高値

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米国時間の取引で、原油先物は下落した。米製造業指標が失望を誘い、世界景気減速への懸念が再燃した。ただ、石油輸出国機構(OPEC)主導の減産や米国の対ベネズエラ制裁を背景に下げは限定的だった。

清算値は、北海ブレント先物LCOc1が0.24ドル(0.38%)安の1バレル=62.51ドル。米WTI先物CLc1は0.7ドル(1.27%)安の同54.56ドル。

一時は、ブレント先物が63.63ドルと昨年12月7日以来の高値、WTI先物は55.75ドルと11月21日以来の高値を付ける場面もあった。

米商務省が発表した昨年11月の製造業新規受注は増加予想に反して減少した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below