February 11, 2019 / 9:16 PM / 6 days ago

原油先物は下落、米中通商協議再開も先行きに懸念

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米国時間の原油先物は下落した。この日再開した米中通商協議を巡る懸念が石油輸出国機構(OPEC)主導の供給制限によるサポート要因を上回った。

清算値は、北海ブレントLCOc1が0.59ドル(0.95%)安の1バレル=61.51ドル。米WTI先物CLc1は0.31ドル(0.59%)安の同52.41ドルだった。

米中協議は11日から13日までの予定で次官級の協議がスタート。14─15日には閣僚級の協議を行う。

ただ中国政府は、中国が領有権を主張する南シナ海を米艦船2隻が航行したことを非難。3月1日の期限が迫っている協議に影を落とした。[nL3N2061EU]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below