February 18, 2019 / 2:15 AM / a month ago

原油先物が年初来高値、OPEC主導の減産や米制裁が背景

 2月18日、アジア時間の取引で、原油先物は年初来高値に上昇。石油輸出国機構(OPEC)主導の減産や、米国によるイランやベネズエラへの制裁による供給減少が材料視された。写真はテキサス州の石油掘削機。昨年8月に撮影(2019年 ロイター/Nick Oxford)

[シンガポール 18日 ロイター] - アジア時間の取引で、原油先物は年初来高値に上昇。石油輸出国機構(OPEC)主導の減産や、米国によるイランやベネズエラへの制裁による供給減少が材料視された。

米WTI原油先物CLc1は今年初めて56ドルを突破。0051GMT(日本時間午前9時51分)時点で、0.5%高の1バレル=55.89ドル。

北海ブレント先物LCOc1は年初来高値の66.61ドルを付けた後、0.3%高の66.47ドルで推移している。

いずれも2018年11月以来の高値となった。

ただ、米国産原油には増加の兆しがある。ゼネラル・エレクトリック(GE)(GE.N)傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが公表した15日までの週の国内石油掘削リグ稼働数RIG-OL-USA-BHIは、前週比3基増の857基となった。1年前は800基を下回っていた。[nL3N20C00K]

*写真を差し替え再送しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below