February 27, 2019 / 1:55 AM / 3 months ago

原油先物は上昇、米在庫減やOPEC減産方針維持などで

 2月27日、アジア時間の原油先物は上昇。米原油在庫が減少したとの発表や、石油輸出国機構(OPEC)が減産方針を維持するとみられることが背景。写真はテキサス州ミッドランドの石油掘削機。昨年8月に撮影(2019年 ロイター/Nick Oxford)

[シンガポール 27日 ロイター] - アジア時間の原油先物は上昇。米原油在庫が減少したとの発表や、石油輸出国機構(OPEC)が減産方針を維持するとみられることが背景。

0100GMT(日本時間午前10時)時点で、米WTI原油先物CLc1は0.52ドル(0.9%)高の1バレル=56.02ドル。

北海ブレント先物LCOc1は0.34ドル(0.5%)高の1バレル=65.55ドル。

米石油協会(API)が26日に公表した週間統計によると、22日までの週の国内原油在庫は前週比420万バレル減の4億4430万バレルとなった。

またOPEC筋によると、OPEC加盟国は、トランプ大統領による再三の対応改善要求にかかわらず、減産方針を維持するとともに、順守率の向上を目指す構えだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below