March 29, 2019 / 2:42 AM / 3 months ago

米原油先物は上昇、協調減産など買い材料

 3月29日、アジア時間の原油先物は上昇。石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産や、イランおよびベネズエラに対する米国の制裁措置が買い材料となっている。写真はインドのコルカタにあるガソリンスタンドで2017年2月撮影(2019年 ロイター/Rupak De Chowdhuri)

[シンガポール 29日 ロイター] - アジア時間の原油先物は上昇。石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産や、イランおよびベネズエラに対する米国の制裁措置が買い材料となっている。

0100GMT(日本時間午前10時)時点で、米WTI原油先物CLc1は24セント(0.4%)高の1バレル=59.54ドル。北海ブレント先物LCOc1はまだ取引が始まっていない。

サクソバンクのコモディティー戦略責任者、オーレ・ハンセン氏は「原油価格の回復は大幅かつ急速であり、WTIの上昇は現在、前四半期比32%高と2009年第2・四半期以来の大きさになる見通しだ」と分析した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below