April 3, 2019 / 9:20 PM / 3 months ago

原油先物小幅安、予想外の米在庫増嫌気 なお5カ月ぶり高値付近

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米国時間の取引で原油先物はやや下落した。米国政府の統計で在庫が予想外に増加したことを嫌気した。ただ石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産や対イラン制裁で供給が引き締まるとの見通しから、約5カ月ぶりの高値付近にとどまった。

清算値は、北海ブレント先物LCOc1が0.06ドル安の1バレル=69.31ドル。取引時間中に一時、69.96ドルと昨年11月12日以来の高値を付けた。

米原油先物CLc1は0.12ドル安の1バレル=62.46ドル。一時、62.99ドルと昨年11月7日以来の高値に上昇した。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が公表した週間石油統計によると、原油在庫は720万バレル増えた。予想は42万5000バレルの減少を見込んでいた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below