April 8, 2019 / 1:24 AM / 2 months ago

原油先物が上昇、米国の対イラン制裁などで一時5カ月ぶり高値

 4月8日、油先物価格は上昇し、一時5カ月ぶり高値をつけた。石油輸出国機構(OPEC)の供給削減や、米国の対イラン・ベネズエラ制裁が相場を支援している。写真はカナダ・アルバータ州の原油貯蔵タンク。2016年11月に撮影(2019年 ロイター/Chris Helgren)

[シンガポール 8日 ロイター] - 原油先物価格は8日上昇し、一時5カ月ぶり高値をつけた。石油輸出国機構(OPEC)の供給削減や、米国の対イラン・ベネズエラ制裁が相場を支援している。

0022GMT(日本時間午前9時22分)時点で、ブレント先物LCOc1は0.33ドル(0.5%)高の1バレル=70.67ドル。

米原油先物(WTI)CLc1は0.33ドル(0.5%)高の1バレル=63.41ドル。

ブレント先物は70.76ドル、WTIは63.48ドルまでそれぞれ上昇し、18年11月以来の高値を記録した。

JPモルガンは週末に発表したリポートで、OPECや主要産油国の減産が4カ月続いていることや、米中通商協議への期待が需要見通しを引き上げていることで、ブレント先物価格は年初から30%超上昇したと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below