May 8, 2019 / 1:51 AM / 4 months ago

原油先物は小幅高、米国の対イラン・ベネズエラ制裁で

 5月8日、アジア時間の原油先物は小幅上昇。米国によるイランとベネズエラへの制裁を背景に需給が比較的引き締まったままであることが相場を支えている。写真はテキサス州ミッドランドの石油掘削ポンプ。昨年8月に撮影(2019年 ロイター/Nick Oxford)

[シンガポール 8日 ロイター] - アジア時間8日の原油先物は小幅上昇。米国によるイランとベネズエラへの制裁を背景に需給が比較的引き締まったままであることが相場を支えている。

0057GMT(日本時間午前9時57分)現在、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物CLc1は0.17ドル(0.3%)高の1バレル=61.56ドル。

北海ブレント先物LCOc1は0.06ドル(0.1%)高の69.94ドル。

サクソバンクのコモディティー戦略責任者、オーレ・ハンセン氏は「需給が逼迫し、相場を支援するという見通しは変わらない」と述べた。

一方、ANZ銀行は、米中貿易摩擦の激化が「石油需要の見通しについて懸念を生じさせている」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below