June 26, 2019 / 8:28 PM / in 20 days

原油2%強上昇、米EIA統計で在庫が予想以上に減少

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 米国時間の原油価格は2%強上昇、約1カ月ぶりの高値を付けた。米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)の週間統計で原油在庫が予想以上に減り、輸出が過去最大を記録するなどしたことが追い風になった。

清算値は北海ブレント先物LCOc1が1.44ドル(2.2%)高の1バレル=66.49ドル、米WTI原油先物CLc1は1.55ドル(2.7%)高の同59.38ドル。

市場がより長期の方向感を探る上で、大阪で週末に開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)や、7月初めの石油輸出国機構(OPEC)総会および非加盟産油国との会合が注目されそうだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below