July 10, 2019 / 8:31 PM / in 12 days

原油先物4.5%高、米原油在庫減やメキシコ湾岸沖生産中止で

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 米国時間の原油先物は約4.5%高。1カ月超ぶりの高値を付けた。米原油在庫が減少したほか、暴風雨接近を受けたメキシコ湾岸沖での生産中止が背景。

北海ブレント先物LCOc1の清算値は2.85ドル(4.44%)高の1バレル=67.01ドル。米WTI原油先物CLc1は2.60ドル(4.50%)高の60.43ドル。

両先物とも5月下旬以来の高値となった。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が発表した週間石油統計(5日まで)によると、米原油在庫USOILC=ECIは949万9000バレル減と、減少幅はアナリスト予想(308万1000バレル減)を大きく上回った。製油所の原油処理量の増加が寄与した。

暴風雨接近を受け、エネルギー各社が米メキシコ湾岸沖合の石油・ガス施設で生産を中止し、作業員を退避させる動きが広がっていることも原油高を支援した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below