July 18, 2019 / 9:33 PM / in a month

原油下落、メキシコ湾の産出拡大観測などが圧迫

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米国時間の取引で原油価格は約2.5%値下がりした。軟調な米国株式市場やメキシコ湾の産出量拡大観測が重しとなった。

清算値はブレント先物LCOc1が1.73ドル(2.7%)安の1バレル=61.93ドル、米WTI先物CLc1は1.48ドル(2.6%)安の同55.30ドル。

イランがホルムズ海峡で外国タンカーを拿捕したと公表したことを受け、原油は早い取引時間帯に上昇した。その後、積荷が小規模で、14日に燃料密輸の疑いで拿捕されたもようと伝わり、高値から押し戻された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below