July 25, 2019 / 4:18 AM / a month ago

原油先物は小幅高、中東情勢への懸念で 需要低迷見通しが上値抑制

 7月25日、原油先物価格は、小幅高で推移している。中東情勢に対する懸念が根強いほか、米原油在庫が予想以上に減少したことが背景。写真はミャンマーのヤンゴンで5月撮影(2019年 ロイター/Ann Wang)

[東京/シンガポール 25日 ロイター] - 原油先物価格は25日、小幅高で推移している。中東情勢に対する懸念が根強いほか、米原油在庫が予想以上に減少したことが背景。

ただ、世界経済の減速を背景に需要が低迷するとの見方が多く、大幅な上昇とはなっていない。

0300GMT(日本時間午後0時)時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.17ドル(0.27%)高の1バレル=63.35ドル。前日は4日ぶりに下落し、1%値下がりしていた。

米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物CLc1は0.18ドル(0.3%)高の56.06ドル。前日は1.6%値下がりしていた。

フレーム・ファンズ(シドニー)のマネジングディレクター、ヒュー・フレーム氏は「石油輸出国機構(OPEC)の減産、湾岸地域の政治リスク、最近の原油在庫減少という強材料と、世界経済の減速、米国の生産拡大という弱材料の綱引きとなっている」と指摘。

「中東の緊張は当面続く可能性が高い。緊張が続いている間は、経済指標が一段と悪化するか回復するまで綱引きが続くだろう」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below