July 25, 2019 / 8:59 PM / in 3 months

原油上昇、イラン緊張激化や米在庫大幅減追い風に

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 米国時間の取引で原油価格は上昇した。西側諸国とイランの緊張激化や、米在庫の大幅減が追い風となった。ただ、経済成長の鈍化懸念が根強く、上値は重かった。

清算値は北海ブレント先物LCOc1が0.21ドル(0.33%)高の1バレル=63.39ドル。米ウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物CLc1は0.14ドル(0.25%)高の同56.02ドル。

取引時間中に北海ブレント先物が64.23ドル、米WTI先物は56.99ドルの高値をそれぞれ付けた。

サウジアラビアは、世界の原油輸入国に対しホルムズ海峡を通過する際の安全確保を促した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below