September 3, 2019 / 9:42 PM / 20 days ago

原油先物が下落、さえない製造業関連指標で経済鈍化懸念高まる

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は下落。さえない製造業関連指標を背景に世界経済の鈍化懸念が高まり、米原油先物は2%安となった。米中貿易摩擦も引き続き投資家心理の重しとなった。

米WTI原油先物CLc1の清算値は1.16ドル(2.1%)安の1バレル=53.94ドル。一時52.84ドルまで下落し、8月9日以来の安値を付けた。

北海ブレント先物LCOc1は0.40ドル(0.7%)安の58.26ドル。一時57.23ドルとこちらも8月9日以来の安値を付けた。

米供給管理協会(ISM)が3日公表した8月の製造業景気指数が2016年8月以来初めて景気拡大・縮小の節目となる50を割り込んだことを受け、原油先物価格は下げ幅を広げた。

アゲイン・キャピタルのパートナー、ジョン・キルドフ氏はISM製造業景気指数の低下が「石油に対する需要見通しを引き続き悪化させている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below