July 15, 2020 / 1:39 AM / 25 days ago

原油先物は堅調、米原油在庫減受け OPEC+合同監視委に注目

7月15日、15日の原油先物は堅調。米テキサス州の油田で2019年11月(2020年 ロイター/Angus Mordant)

[ソウル 15日 ロイター] - 15日の原油先物は堅調。米原油在庫の急減を受けた。市場はきょう開かれる石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」の合同閣僚監視委員会(JMMC)の内容を見極めようとしている。

0049GMT(日本時間午前9時49分)時点で、北海ブレント原油先物LCOc1は0.10ドル(0.2%)高の1バレル=43ドル。米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物CLc1は0.14ドル(0.4%)高の1バレル=40.43ドル。

米石油協会(API)が公表した週間在庫統計によると、10日までの1週間の国内原油在庫は前週比830万バレル減少。アナリスト予想は210万バレル減だった。新型コロナウイルス流行にもかかわらず、需要が改善していることを示唆している。

供給面では、きょう開かれるJMMCについて、市場は将来の生産水準の方向性をつかもうと注視している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below