July 30, 2020 / 2:16 AM / 7 days ago

原油先物は横ばい、新型コロナ感染者急増が需要期待を圧迫

 7月30日、アジア時間の原油先物はほぼ横ばい。新型コロナウイルスの感染者急増を受け、燃料需要の回復が妨げられるとの懸念に圧迫されている。写真は中国で昨年8月撮影(2020年 ロイター)

[メルボルン/シンガポール 30日 ロイター] - アジア時間の原油先物はほぼ横ばい。新型コロナウイルスの感染者急増を受け、燃料需要の回復が妨げられるとの懸念に圧迫されている。

0330GMT(日本時間午後0時半)時点で、北海ブレント先物10月限LCOc2は0.04ドル(0.1%)高の1バレル=44.13ドル。31日に期日を迎える9月限LCOc1は薄商いの中、横ばいの1バレル=43.75ドル。

米WTI原油先物CLc1は0.01ドル安の1バレル=41.26ドル。

前日には米エネルギー情報局(EIA)の週間統計で、原油在庫が昨年12月以来最大の落ち込みを記録したことを受け、ともに上昇していた。

7月24日までの週の米原油在庫は前週比1060万バレル減の5億2600万バレル。アナリストは35万7000バレル増加すると予想していた。

ただ、ガソリン在庫とヒーティングオイルやディーゼル燃料を含む留出油在庫はともに予想に反して増加。燃料需要の回復が不安定な状況にあることを浮き彫りにした。

アクシコープのチーフ・グローバル・マーケット・ストラテジスト、スティーブン・イネス氏は、ガソリン在庫の増加が圧迫要因だと指摘。「新型コロナの感染拡大が(米南部の)サンベルト地帯で続く中、通常のドライブシーズンとは異なるという事実を改めて突き付けた」と語った。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below