for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物が月間で上昇、5月の米生産は過去最大の減少

[31日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は上昇し、月間ベースでも値を上げた。5月の米国の生産削減が過去最大になったことを受けた。

清算値は、北海ブレント先物LCOc1が0.37ドル(0.9%)高の1バレル=43.31ドル。米WTI先物CLc1は0.35ドル(0.9%)高の40.27ドルだった。

ブレント原油は4カ月連続、WTIは3カ月連続の上昇となり、ともに新型コロナウイルス流行によるロックダウン(都市封鎖)が世界で導入された4月の急落から持ち直した。

米エネルギー情報局(EIA)は31日、国内原油生産量が5月に急減し、日量200万バレル減の1000万バレルになったと発表した。

これについて、プライス・フューチャーズのアナリスト、フィル・フリン氏は「将来的に市場が逼迫化することを示唆しており、経済が好転すれば需要を満たすのが難しくなるだろう」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up