August 20, 2018 / 1:12 AM / a month ago

原油先物は小幅安、世界経済の成長鈍化懸念が重し

[シンガポール 20日 ロイター] - 20日の取引で原油先物は小幅安。世界的な経済成長鈍化への懸念が重しとなっている。

0019GMT(日本時間午前9時19分)現在、北海ブレント先物は前営業日終値比0.05ドル安の1バレル=71.78ドル。

米WTI原油先物は0.04ドル安の65.87ドル。

エミレーツNBDのエドワード・ベル氏は19日のリポートで、「失望を誘った中国の鉱工業統計やトルコを中心とする新興国経済を巡る懸念が商品価格を圧迫した」と指摘した。

トレーダーの間では、米国の対イラン制裁が価格に影響し始めるとの声も聞かれた。米制裁は11月から原油も再開の対象となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below