August 21, 2018 / 2:31 PM / a month ago

原油先物、1週間ぶり高値 対イラン制裁が価格下支えとの見方

[ロンドン 21日 ロイター] - 21日の取引で原油先物が1週間ぶり高値を付けた。米国の対イラン制裁により価格が下支えされるとの見方が追い風となった。ただ、米中貿易摩擦を巡って引き続き慎重ムードが漂っている。

1343GMT(日本時間午後10時43分)までに、北海ブレント先物が前日終値比0.68ドル高の1バレル=72.89ドルと、14日以来の高値水準を記録した。

10月物の米WTI原油先物は0.98ドル上昇して同66.40ドル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below