September 11, 2018 / 6:08 PM / 14 days ago

原油先物が2%強上昇、米制裁でイラン産供給圧迫観測

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米国時間の取引で、原油先物が2%強上昇した。米国が他国に増産を呼び掛けているものの、米国の制裁でイラン産輸出が圧迫されるとの見方が広がった。

市場関係者の1人は「制裁がうまく行き過ぎて、石油輸出機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国が補うことのできる規模を上回って、市場がひっぱくするとの懸念がある」と指摘した。

米東部夏時間午後1時10分(日本時間12日午前2時10分)時点で、北海ブレント先物が1.67ドル(2.2%)高の1バレル=79.04ドル。

米WTI原油先物は1.95ドル(2.9%)上昇して同69.49ドル。

リビア国営石油会社(NOC)の本社が10日攻撃されたと伝わったことも、原油相場を下支えした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below