September 12, 2018 / 5:05 PM / 7 days ago

北海ブレント80ドル超え、5月以来の高値 米在庫が予想以上に減少

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 12日の取引で原油先物相場が上昇し、北海ブレント先物は80ドルを上抜けた。米原油在庫の予想以上の減少や、米国の対イラン経済制裁による世界の原油供給への影響が材料視されている。

米東部夏時間午前10時58分(日本時間午後11時58分)時点で、北海ブレント先物は1.01ドル上昇の1バレル=80.07ドル。一時、5月22日以来の高値となる80.13ドルまで上昇した。

米WTI原油先物は1.73ドル上昇し、1週間ぶりの高値となる70.98ドルを付けた。

米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間統計によると、米原油在庫は前週比530万バレル減少。市場予想は80万5000バレル減だった。

米国が11月に再開するイラン産原油を対象とした制裁を巡り、ロシアのノバク・エネルギー相は同日、「市場には非常に大きな不透明感がある」とし、影響を警告した。

大型ハリケーン「フローレンス」が米南東部州に接近しているが、原油生産への影響はないもよう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below