December 21, 2018 / 8:57 PM / 6 months ago

原油先物、週間で11%下落 供給過剰懸念重しに

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米国時間の原油先物は下落し、北海ブレント先物、WTI原油先物とも週間で11%強値下がりした。世界的な供給過剰懸念が重しとなった。アジア時間では反発していた。

清算値は北海ブレント先物が0.53ドル(約1%)安の1バレル=53.82ドル、米WTI原油先物は0.29ドル(約0.6%)安の同45.59ドル。

北海ブレント先物は、同52.79ドルと昨年9月以来の安値を付ける場面もあった。

トレーダーらによると、クリスマスや正月休みを控え、薄商いとなったことやリスク回避の動きが下落を加速させたという。

また、ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが公表した21日終了週の国内石油掘削リグ稼働数RIG-OL-USA-BHIは前週比10基増の883基で、11月初め以来の大きな伸びを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below