January 4, 2019 / 8:58 PM / 19 days ago

原油先物上昇、米中通商協議への期待で

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 4日の原油先物相場は上昇。来週再開される米中通商協議への期待から買いが優勢となった。ただ石油製品在庫が急増したことを受け上値は重かった。

中国商務省は米中次官級の通商協議を7─8日に北京で行うと発表。ゲリッシュ米通商代表部(USTR)次席代表が率いる作業グループが訪中し中国側と「前向きで建設的な協議」を行うと明らかにした。USTR側もホワイトハウス高官や農務、商務、エネルギー、財務各省の次官らが出席すると確認した。

こうした中、米エネルギー情報局(EIA)の週間統計によると、製油所稼働率が2.1%ポイント上昇し97.2%と、この時期としては過去最高を記録した。ガソリン在庫は690万バレル増加したほか、ディーゼルオイルやヒーティングオイルを含む留出油の在庫も950万バレル拡大した。

北海ブレント原油先物は1.11ドル(1.98%)高の57.06ドルで清算。米国原油の指標であるWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエイト)原油先物は0.87ドル(1.85%)高の47.96ドルで清算した。週間ではそれぞれ9.3%、5.8%値上がりした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below