January 23, 2019 / 7:28 AM / 3 months ago

UPDATE 1-原油先物は小幅高、中国が景気支援へ歳出拡大

(情報を追加しました)

[シンガポール 23日 ロイター] - アジア時間の原油先物は小幅高。中国財政省の当局者は23日、経済を下支えするため2019年に財政支出を拡大する考えを示した。

オーバーナイトでは世界経済の減速を巡る懸念を受けて大きく下落していた。

0624GMT(日本時間午後3時24分)現在、北海ブレント先物は0.35ドル(0.6%)高の1バレル=61.85ドル。

米WTI原油先物は0.25ドル(0.5%)高の53.26ドル。

年明け以降の原油相場は石油輸出国機構(OPEC)と主要産油国による協調減産が下支えしている。

ただ、日本の財務省がこの日発表した貿易統計が軟調となるなど、広範囲での景気減速は燃料需要の伸びを鈍化させ、原油価格を圧迫するとみられている。

デンマークのサクソバンクのチーフエコノミスト、Steen Jakobsen氏は「世界経済は低迷している」としながらも、中国政府が「安定のためにできる限りのことをするだろう」との見方を示した。

*グラフィックは tmsnrt.rs/2AZSnDc をご覧ください。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below