January 25, 2019 / 8:51 PM / a month ago

原油先物は1%高、ベネズエラ情勢巡る供給懸念で

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 米国時間の原油先物は上昇。ベネズエラの政治的混乱で原油供給が引き締まると警戒が強まった。ただ、米原油在庫増や世界経済への懸念が心理的な重しとなった。

清算値は、北海ブレントが0.55ドル(0.9%)高の1バレル=61.64ドル。週間ベースでは約1.7%安で、4週間ぶりの下落となった。

WTIは0.56ドル(1.05%)高の53.69ドルだった。週間ベースでは約0.2%下落し、こちらも4週間ぶりの下落。

トランプ米政権は、ベネズエラの野党指導者であるフアン・グアイド国会議長を暫定大統領として承認するとともに、主要産業である原油部門に新たな制裁措置を導入する可能性があることを示している。

RBCヨーロッパは、米制裁でベネズエラの生産減が想定の2倍近くになる可能性があると予想した。

一方、米中貿易摩擦や世界経済成長への不安が広がっていることが上値を抑えている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below