February 25, 2019 / 10:02 PM / 3 months ago

原油先物が反落、トランプ氏が価格高に不満表明

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 原油先物は25日、3%超下落した。トランプ米大統領が原油高への不満を表明し、原油相場引き上げに向けた石油輸出国機構(OPEC)の姿勢をけん制したことが背景。

25日1854GMT(日本時間26日午前3時54分)時点で、ブレント先物は2.06ドル(3.1%)安の1バレル=65.06ドル。米原油先物は1.76ドル(3.1%)安の55.50ドル。

トランプ氏はツイッターで「原油価格は高過ぎる」とし、「OPECには気を楽にしてもらいたい。世界は価格上昇を受け入れることができない」との見方を示した。トランプ大統領は原油価格やOPECに関し、ツイッターで繰り返し不満を述べている。

原油価格は、需給逼迫観測や米中貿易交渉の進展期待を背景に上昇していたが、トランプ氏の投稿を受けて反落した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below