April 16, 2019 / 7:47 PM / 2 months ago

原油先物1%高、供給逼迫懸念で

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 原油先物は1%上昇した。リビアでの紛争やベネズエラとイランの輸出減少により、世界的な石油供給の逼迫懸念が浮上した。ただ、石油輸出国機構 (OPEC)主導の協調減産を巡る不透明感から、上値は限定的だった。

北海ブレント先物の清算値は0.54ドル(0.76%)高の1バレル=71.72ドル。米WTI先物は0.65ドル(1%)高の64.05ドルだった。

プライス・フューチャーズ・グループのアナリスト、フィル・フリン氏は「世界の供給は想定よりも急速に減少している。市場は不均衡の状態にある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below