April 22, 2019 / 1:14 AM / a month ago

原油先物上昇、掘削リグ稼働数の減少やOPEC供給減で

[シンガポール 22日 ロイター] - 原油先物価格は22日、上昇し、ブレント先物は2018年11月以来の高水準をつけた。米国内の石油掘削リグ稼働数の減少や石油輸出国機構(OPEC)の継続的な供給削減が背景。

0028GMT(日本時間午前9時28分)時点でブレント先物は0.8%高の1バレル=72.58ドル。

米原油先物は0.9%高の64.55ドル。

ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが公表した4月18日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は、前週比8基減の825基と、3週間ぶりに減少した。シェールオイルの生産が引き続き伸び悩むと予想されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below