for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物は小幅高、米中巡る懸念後退や米原油在庫の大幅減で

[東京 6日 ロイター] - アジア時間の原油先物は小幅高。米中貿易摩擦を巡る懸念が和らいだほか、米原油在庫が大幅減となったことが相場を下支えしている。

0144GMT(日本時間午前10時44分)現在、北海ブレント先物は前日終値比0.03ドル高の1バレル=60.98ドル。米WTI原油先物は0.08ドル高の56.38ドル。

米中両国は5日、閣僚級の通商交渉を10月初旬にワシントンで開催することで合意した。

米エネルギー情報局(EIA)の週間石油在庫統計によると、原油在庫は477万1000バレル減の4億2300万バレルと、2018年10月以来の低水準となった。減少幅は市場予想の約2倍だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up