September 30, 2019 / 1:09 AM / 19 days ago

原油先物、2週間ぶり安値から反発 貿易戦争懸念で上値重い。

[シドニー 30日 ロイター] - アジア時間の原油先物は前週末付けた2週間ぶりの安値から反発。ただ世界経済の見通しを巡る懸念により上値は重い。

米WTI原油先物は0.14ドル(0.3%)高の1バレル=56.05ドル。

北海ブレント先物は0.21ドル(0.3%)安の62.12ドル。

SPIアセット・マネジメントの市場ストラテジスト、スティーブン・アイネス氏は「サウジアラビアの原油生産がほぼ回復し、貿易戦争による原油需要への影響に再び焦点が移った」と指摘。米国勢による対中投資制限をトランプ政権が検討しているとされ、米中の対立は激化しているようだと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below