Reuters logo
原油価格が小幅下落、供給過剰懸念が強い
2017年5月1日 / 01:29 / 7ヶ月後

原油価格が小幅下落、供給過剰懸念が強い

[東京 1日 ロイター] - 原油価格は小幅下落。石油輸出国機構(OPEC)主導の減産について、延長の観測もあるものの目先は供給過剰に大きな影響を及ぼさない可能性があるとの懸念が広がっている。

米原油先物は0032GMT(日本時間午前9時32分)時点で0.12ドル安の1バレル=49.21ドル。27日につけた1カ月ぶり安値からは約2%高の水準。

北海ブレント先物は0.14ドル安の51.91ドル。

イランの石油相は29日、OPECと非OPEC国から減産延長に前向きなシグナルがみられ、イランもこれを支持すると述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below