Reuters logo
原油先物が3%超下落、供給過剰の兆候嫌気
2017年7月7日 / 18:15 / 4ヶ月前

原油先物が3%超下落、供給過剰の兆候嫌気

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 7日の原油先物相場は一時3%超下落した。

米生産拡大を示す統計などを受け、世界的な供給過剰解消に向けた取り組みに疑問符が付いた。

米東部夏時間午前11時50分(日本時間8日午前0時50分)時点で、北海ブレント先物が1.55ドル(3.2%)安の1バレル=46.56ドル。一時、46.28ドルと約1週間ぶりの安値をつけた。

米ウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は1.47ドル(3.2%)下落して同44.05ドル、こちらも約1週間ぶり安値水準を記録した。

いずれも週間の下落率が2%超となる見通しだ。

米エネルギー情報局(EIA)が前日発表した週間在庫統計(6月30日までの週)によると、石油生産C-OUT-T-EIAは1%増。

ロイターのデータによれば、石油輸出国機構(OPEC)の生産は現時点で今年最高水準だ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below