January 4, 2018 / 2:04 AM / 6 months ago

原油先物まちまち、市場タイト化背景に2014/15年以来の高水準付近

[シンガポール 4日 ロイター] - 4日アジア時間の取引で原油先物価格はまちまち。イランで反政府デモが拡大し、石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産が続く中、市場はタイト化しており、2014年終盤/15年以来の高水準付近で推移している。

0110GMT(日本時間午前10時10分)現在、米WTI原油先物は前営業日終値比13セント高の1バレル=61.76ドル。前営業日に付けた15年5月以来の高値(61.97ドル)からあまり離れていない。

北海ブレント先物は2セント安の1バレル=67.82ドル。ただ、依然として前営業日に付けた15年5月以来の高値(68.03ドル)からはそれほど離れていない。

15年5月に一時的に上昇した局面を除くと、現行相場は14年12月以来の高水準となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below