June 12, 2018 / 1:02 AM / 2 months ago

原油先物は横ばい、米朝首脳会談に注目

[シンガポール 12日 ロイター] - アジア時間の取引で、原油先物価格はほぼ変わらず。シンガポールで間もなく開催される米朝首脳会談の行方に注目が集まっている。

6月22日に予定されている石油輸出国機構(OPEC)と一部の産油国の会合を前に、市場参加者は大きなポジションを取ることに消極的になっている、との指摘もある。

ブレント先物は0.04ドル高の1バレル=76.50ドル。米原油先物は0.06ドル高の1バレル=66.16ドル。

アクシトレーダーのチーフ・マーケット・ストラテジスト、グレッグ・マッケナ氏は、米朝首脳会談で前向きな結果が出れば株式にプラスになると指摘。一部の原油トレーダーは、原油先物価格も押し上げられる可能性があると語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below