June 29, 2018 / 1:53 PM / 22 days ago

北海ブレント先物が上昇、米の対イラン制裁に懸念

[ロンドン 29日 ロイター] - 欧州時間の原油先物は、アジア時間の下落から反転。世界需要が高まる中、米国の対イラン制裁により原油供給量が減少する懸念が高まった。

北海ブレント先物は一時1.49ドル高の1バレル=79.34ドルに急伸。その後、1230GMT(日本時間午後9時30分)までに78.75ドルに戻した。

米WTI原油先物は73.45ドルとほぼ変わらず。前日は一時は2014年11月以来の高水準となる74.03ドルを付けた。

世界第5位の原油供給国であるイランは、世界全体の約5%に当たる日量約470万バレルを生産。その多くが中国やインドなどに輸出されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below