July 1, 2018 / 11:43 PM / 19 days ago

原油先物は下落、サウジ国王の増産示唆を材料視

[東京 2日 ロイター] - アジア時間朝方の原油先物は下落。米ホワイトハウスは30日、サウジアラビアのサルマン国王がトランプ大統領に対し、必要があれば原油増産が可能だと述べたことを明らかにした。

2250GMT(日本時間2日午前7時50分)時点で、米WTI原油先物(8月限)は65セント(0.9%)安の1バレル=73.50ドル。一時72.51まで下落した。

前週は8%超上昇した。前週末29日には、2014年11月以来の高値となる74.46ドルを付けた。世界需要が高まる中、米国の対イラン制裁により原油供給量が減少する懸念が高まり、買いが膨らんだ。

北海ブレント先物は55セント(0.7%)安の78.68ドル。前週は5%超上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below