November 8, 2018 / 8:54 PM / 6 days ago

原油先物2%近く下落、供給拡大のペース加速で

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米国時間の取引で原油先物は2%近く下落した。予想よりもペースを速めている世界的な供給量の拡大が背景。

市場では、米国の生産が過去最高となっていることや、来年の生産の伸びが想定より拡大するイラク、アラブ首長国連邦、インドネシアなどに注目している。

この日の清算値は北海ブレント先物が1.42ドル(1.97%)安の1バレル=70.65ドルで、8月中旬以来の安値。また、米WTI原油先物は1ドル(1.6%)安の60.67ドルで、3月14日以来の安値となった。

その後の取引でも、下げを拡大している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below