November 13, 2018 / 5:01 PM / a month ago

原油先物の下げ加速、世界需要や供給過剰懸念根強く

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米国時間の取引で原油先物の下げが加速し、北海ブレントが70ドルを割り込んだほか、米先物は11カ月ぶりの安値水準を付けた。ヘッジファンドの売りが出たほか、世界需要の弱含みや供給過剰への懸念が根強い。

米東部時間午前10時40分(日本時間14日午前0時40分)時点で、北海ブレント先物が3.25ドル(4.5%)安い1バレル=66.94ドル。米WTI先物は一時、2.85ドル(4.7%)下落して同57.09ドルと、昨年12月以来の安値水準を記録した。

ドルが1年4カ月ぶりの高値付近で推移して、輸入業者に割高感が出ていることも原油相場を圧迫した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below