May 16, 2019 / 7:54 PM / 3 days ago

原油価格1%超上昇、中東情勢の緊張続く

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米国時間の原油価格は、緊張が高まる中東情勢を背景に1%を越す上昇となった。

北海ブレント先物の清算値は0.85ドル(1.18%)高の1バレル=72.62ドル。米WTI先物は0.81ドル(1.37%)高の62.87ドル。一時2週間ぶりの高値を付けた。

サウジアラビアの石油施設に対するドローン攻撃の報復として、サウジ主導の連合軍は16日、イエメンの首都サヌアでイスラム教シーア派武装組織「フーシ派」を狙った空爆を複数回実施した。

プライス・フューチャーズ・グループのアナリスト、フィル・フリン氏は「この種の緊張は、これまでのものとは異なる。リスクが深刻化しているという事実に市場は気付き始めている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below