May 20, 2019 / 8:11 PM / 6 months ago

原油先物が一時数週間ぶり高値、OPEC減産継続の可能性

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米国時間の原油価格が数週間ぶりの高値に浮上。石油輸出国機構(OPEC)が減産を継続する可能性が示されたほか、緊迫する中東情勢も支援した。ただ終盤は売りが優勢となった。

米WTI原油先物の清算値は0.34ドル高の1バレル=63.10ドル。一時63.81ドルと5月1日以来の高値を付けた。

北海ブレント先物は0.24ドル安の71.97ドル。序盤には73.40ドルと4月26日以来の高値を付けた。

サウジアラビアのファリハ・エネルギー相は19日、OPEC加盟・非加盟国に原油在庫を「緩やかに」減少させるという同意があると明らかにした。一方で不安定な市場に必要な対応を続けると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below