May 29, 2019 / 2:04 AM / 21 days ago

原油先物は下落、米中貿易摩擦で需要減観測

[シンガポール 29日 ロイター] - 原油先物価格は29日、下落している。米中貿易摩擦の激化で世界経済が減速し、需要が減少するとの観測が高まっている。一方、石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産や中東情勢の緊迫化が相場を下支えしている。

0101GMT(日本時間午前10時1分)時点でブレント先物は0.26ドル(0.4%)安の1バレル=69.85ドル。

米WTI先物は、0.44ドル(0.7%)安の58.70ドル。

世界経済の減速懸念は高まっているが、今のところ世界の原油需要は底堅く推移している。米エネルギー情報局(EIA)のデータによると、今年の世界の原油需要は日量1億バレルを初めて超える見通し。

ただ、コモディティ―取引業者のマレックス・スペクトロンは、短期的なマクロ経済環境を引き続き警戒していると説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below