June 6, 2019 / 8:05 PM / 3 months ago

原油先物一時2%超上昇、米が対メキシコ関税先送りとの報道で

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 米国時間の原油先物は一時2%超の上昇となった。米国がメキシコ製品への関税を先送りするとの報道が買い手がかり。前日には約5カ月ぶりの安値を付けた。

北海ブレント先物の清算値は1.04ドル(1.7%)高の1バレル=61.67ドル。米WTI原油先物は0.91ドル(1.8%)高の52.59ドル。両者とも取引時間中に2%を超す上昇となる場面があった。

ブルームバーグが6日、米国がメキシコからの輸入品への関税適用を先送りすることを検討していると報じたことを受け、米国株が上昇した。原油先物は米国株に追随しやすい。

EMI DTNのリスク管理・助言サービス部門ディレクター、ドミニック・キリケッラ氏は、ブルームバーグ報道を受けて株価が上昇し、原油先物がやや踏み上げられたとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below