June 14, 2019 / 1:38 AM / 2 months ago

原油価格は軟化、タンカー攻撃受け下げ幅限定的

[東京 14日 ロイター] - アジア時間の原油価格は軟化。前日にはホルムズ海峡に近いオマーン沖での石油タンカー攻撃を受け、大きく上昇していた。

アナリストによると、タンカー攻撃を受けた供給懸念は、世界的な需要を巡る懸念によって相殺されている。

0041GMT(日本時間午前9時41分)時点で、北海ブレント先物は0.17ドル(0.3%)安の1バレル=61.14ドル。前日清算値は2.23%高の1バレル=61.31ドルで、一時4.5%急伸する場面もあった。

米WTI先物は0.39ドル(0.8%)安の51.89ドル。前日清算値は2.23%高の52.28ドルで、一時は4.5%値上がりしていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below