June 21, 2019 / 1:38 AM / 3 months ago

原油先物は上昇、中東情勢緊迫化や米利下げ期待で

[東京 21日 ロイター] - アジア時間の原油先物は上昇。イランが米軍の無人偵察機を撃墜したことを受けて中東情勢が緊迫化しているほか、米国で利下げが行われれば世界経済を支援するとの期待が高まっている。

0034GMT(日本時間午前9時34分)時点で北海ブレント先物は0.39ドル(0.6%)高の1バレル=64.84ドル。週間では5週ぶりの上昇となる見込みだ。

米WTI原油先物も0.32ドル(0.6%)高の57.39ドル。週間では10%近く上昇する見通しだ。

OANDAのシニアマーケットアナリスト、アルフォンゾ・エスパーザ氏はリポートで、供給障害の可能性や米連邦準備理事会(FRB)による早期利下げ示唆を受けたドル安を背景にエネルギー価格が上昇していると指摘。貿易摩擦を巡る懸念の後退も支援材料になっているとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below