June 21, 2019 / 9:09 PM / 4 months ago

米WTI先物、週間上昇率が16年以来の大きさ イラン情勢懸念

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米国時間の取引で原油先物は1%前後値上がりした。週間上昇率は米WTI先物が10%と2016年12月以来の大きさを記録、北海ブレント先物は5%だった。米国によるイラン攻撃や中東からの供給障害の可能性に懸念が広がった。

清算値は北海ブレント先物が0.75ドル(1.2%)高の1バレル=65.20ドル、米WTI先物は0.36ドル(0.6%)高の同57.43ドル。

アナリストらによると、7月の石油輸出国機構(OPEC)総会や米中の貿易摩擦緩和の可能性なども相場を下支えしたという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below