July 5, 2019 / 7:44 PM / 4 months ago

原油先物上昇、緊迫のイラン情勢や減産延長合意受け

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 米国時間の原油先物は上昇した。緊迫したイラン情勢や、石油輸出国機構(OPEC)加盟国などの協調減産延長合意が押し上げた。

ただ強弱入り混じった経済指標を受け、上値は重かった。

清算値は、北海ブレント先物が0.93ドル(1.47%)高の1バレル=64.23ドル、米WTI原油先物は0.17ドル高の同57.51ドル。

週間でブレントが3.3%、WTIは約1.8%それぞれ下落した。供給リスクよりも世界景気の鈍化懸念が強く意識された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below